マンションを高値売却する時期はいつが最適か|買い替えの順序は?

MENU

マンションが高値売却できる時期と買い替えの順序

所有しているマンションの売却を考えている場合、既に次に新しく住むマンションなどが決まっている場合だと
なるべく二重に物件保有になることは避けたいので、それまでに売却をしたい人は多いと思います。

 

一方で、新しく住むマンションが特に決まっているわけではなく売却のタイミングをある程度自由に決めることができる場合は時期についても考える必要があり、
マンションが高く売れる時期もあるので事前にチェックしておきましょう。

 

マンションが高く売れる時期と言われているのは不動産取引が活発になると言われている冬から春先にかけてですが、
一方でマンションは土地と違って年数が経過する度に価値が下がるので早めに売りに出した方が高く売却できることもあります。

 

マンションの売却時期は売りたいと思った時期がベストな売り時で、特に仲介取引など買い手を探して売却を進めて行く場合は
できるだけ物件情報を把握してもらっておく方がよいので早めの対応がポイントになります。

 

また、マンションの売却については最終手段として不動産に直接的に買い取りをしてもらうという方法もあるので、
なかなか売り手が見つからないという場合でも直接買い取りの査定をしてもらうとよいでしょう。

 

マンション売買は時期よりも売却する相手などによって金額が大きく変わってくる特徴があるので、
できるだけ売り方の幅を広げていくということも高値売却を目指す上でのポイントにもなってきます。

 

 

マンションの買い替えは売却が先?それとも購入が先?

 

マンション売却

 

所有しているマンションの買い替えを検討している場合に売却を決めてしまうのが先か、
それとも新しく購入するマンションを決めてしまうのが先かというのはかなり悩む部分にもなってくると思います。

 

新しく先に購入することのメリットとしては新しく住む場所を確保することができることですが、
できれば自分が住みたいと思う物件が出てくるまで待ってそこから購入したいという人は多くいます。

 

この場合だと先に購入してしまうことによって売却するまでの期間が制限されてしまうことになるので、
仲介媒介契約での売却だとなかなか売ることができずに入ってくるお金が少なくなる直接売却という形を取る必要も出てきます。

 

一方で、先に売却をした場合だと新しく住む家が必要になるので賃貸などを借りる必要性が出てくることもありますが、
新しいマンションを探すために賃貸を借りる場合だとそこにも敷金や礼金などがかかってくることになるので余計な負担が増えることになります。

 

このようにマンションの買い替えにおいては購入優先、売却優先、それぞれにメリットやデメリットがあるので、どのような目的借り換えをするかによっても柔軟に決めていくようにしましょう。

 

また、売却においては最終手段として直接売却が残されているものの、できればマージンが少ない仲介売却で取引をする方がかかってくる負担は小さくなるので、
できるだけ売却には余裕を持たせる方が高く売ることができる可能性は高くなります。

【マンションの売却時に必要な準備を解説】関連記事

マンション,高値売却,時期

所有しているマンションの売却を考えている場合、既に次に新しく住むマンションなどが決まっている場合だとなるべく二重に物件保有になることは避けたいので、それまでに売却をしたい人は多いと思います。一方で、新しく住むマンションが特に決まっているわけではなく売却のタイミングをある程度自由に決めることができる場...

直接売却,仲介売却,流れ

マンションの売却を検討している場合に高く売ることができるのは仲介売却として売却をする方法ですが、これだと買い手が見つかるまで売ることができないので特に買い替えなどをする場合は購入時期とのバランスが難しくなります。仲介取引で難しい場合は直接売却をするのが一般的になりますが、直接売却というのはそのまま買...