マンションを売却するときにかかる税金|不動産業者を介する場合の手数料はいくら?

MENU

マンション売却時にかかる税金と不動産業者への手数料について

所有しているマンションの売却をする際はどれくらいの金額で売ることができるかというのもポイントになってきますが、
売却によって利益が出るか損失が出るかによっても税金対策の方法が異なることになります。

 

マンションは元々が高額な不動産ということもあって取引においても高額な金額が動きやすい特徴がありますが、
少しでも高く売るためには売り方についても考える必要があり、どの方法が売りやすいのかも考える必要があります。

 

最近はインターネットを利用することによって不動産売買における情報も把握することができるようになっているので、
これを活用して取引の流れを知ると言うことも売却益や売却損を考える上でのポイントになります。

 

ちなみに計算の方法においては売却して手元に入ってきた金額から取得費や譲渡費用を差し引くことによって譲渡所得が計算されて、
これに加えて3000万円の控除なども入ってくるので課税対象になるケースというのはそう多くはありません。

 

譲渡費用というのはマンションの売却においてかかってきた経費の部分になりますが、
これが高いほど課税の対象は少なくなり、主に仲介手数料や測量費用、印刷代、登記にかかる費用などがこれに該当します。

 

少しでも損を出さないために売却するためには売り方を考えるということも重要になってきますが、
直接売却の方がかかってくる譲渡費用は少ないものの収入金額が相対的に少ないなどの関係性もあり売り方でも変わってきます。

 

 

マンションの売却にかかってくる手数料

 

マンション売却

 

 

所有しているマンションの売却をする際はかかってくる手数料についても把握する必要があり、
手数料だけでなく税金についても課税される対象になってくるので事前に用意しておくことが必要になります。

 

マンション売却においてかかってくる手数料の中で特に大きな金額になってくるのが不動産業者に支払う手数料で、
個人的な売却も法的にできないことはないものの取引が複雑になることから不動産業者を通すのが一般的になっています。

 

ちなみにマンション売却で不動産業者に対して支払う手数料については売価金額の3%に6万円と消費税を加算した金額が仲介手数料になることが多いので、
これを抑えておくことでかかる手数料は事前にだいたい知ることができます。

 

他にもマンション売却をする場合は不動産業者に対して支払う広告費用があり、
早く売るためにチラシの作成をしていた場合はそこにかかってくるコスト分の負担金額を請求されるようなことがあります。

 

しかし、通常であれば広告費用というのは不動産業者が負担する部分になるので支払う必要がないところが多く、
事前の契約の時にかかる費用の詳細についてきちんと確認しておくことが余分な手数料の支払いを避けるためのポイントになります。

 

買い替えなどで所有しているマンションの売却をする場合は引越し費用の支払いも必要になってくるので、
引越しの時期が決まった時点から引越しにかかる費用についても把握して対応していく必要があります。

【マンションの売却時に必要な準備を解説】関連記事

マンション,高値売却,時期

所有しているマンションの売却を考えている場合、既に次に新しく住むマンションなどが決まっている場合だとなるべく二重に物件保有になることは避けたいので、それまでに売却をしたい人は多いと思います。一方で、新しく住むマンションが特に決まっているわけではなく売却のタイミングをある程度自由に決めることができる場...

マンション売却,売却益,手数料

所有しているマンションの売却をする際はどれくらいの金額で売ることができるかというのもポイントになってきますが、売却によって利益が出るか損失が出るかによっても税金対策の方法が異なることになります。マンションは元々が高額な不動産ということもあって取引においても高額な金額が動きやすい特徴がありますが、少し...

直接売却,仲介売却,流れ

マンションの売却を検討している場合に高く売ることができるのは仲介売却として売却をする方法ですが、これだと買い手が見つかるまで売ることができないので特に買い替えなどをする場合は購入時期とのバランスが難しくなります。仲介取引で難しい場合は直接売却をするのが一般的になりますが、直接売却というのはそのまま買...