マンションの直接売却と仲介売却の違いを詳しく解説します。

MENU

マンションの直接売却と仲介売却の流れ

マンションの売却を検討している場合に高く売ることができるのは仲介売却として売却をする方法ですが、
これだと買い手が見つかるまで売ることができないので特に買い替えなどをする場合は購入時期とのバランスが難しくなります。

 

仲介取引で難しい場合は直接売却をするのが一般的になりますが、
直接売却というのはそのまま買い取りをしてもらうことができる取引のことで仲介取引と違って売りたいタイミングで売ることができます。

 

買い取りしてもらうことができるのは不動産業者になりますが、それぞれの不動産業者によって買い取りの流れなどは異なっているので
事前に確認しておく必要があり、どれくらいの金額で売ることができるかについても確認が必要です。

 

ちなみに直接売却を検討している場合は買い取り査定におけるサイトなども多く開設されているので、
これを活用することによってもどれくらいの金額で売ることができるか把握することができるようになっているので確認しておくとよいでしょう。

 

直接売却をする場合は手続きなどほとんど買い取りをしてくれる業者の方でしてもらうことができるようになっていますが、
手数料などがどれくらいかかるかということも事前に確認しておくようにしましょう。

 

また、査定で提示される金額というのはあくまでも概算であり、実際にマンション売却で売ることができる金額は変わってくるので、
事前にどれくらいの金額になるか把握しておく必要もあります。

 

 

仲介売却の流れ

マンション売却

 

所有しているマンションがある場合はどのように売却をするのかがポイントで、直接売却だけでなく仲介売却をする方法などもあるため、
どの売り方がもっとも所有しているマンションが売りやすい方法かということもチェックしておきましょう。

 

ちなみに直接売却をする場合だとすぐに売ることができる代わりにマージンを多く取られるのが一般的なので、
少しでもマージンの支払いを抑えたい場合は不動産業者と媒介契約を結ぶのがおすすめです。

 

媒介契約というのは不動産業者に販売促進をしてもらうことで、チラシを作成してもらうことやホームページ上に物件情報を載せてもらうことができるなど
仲介手数料を支払う代わりに買い手を積極的に探してもらうことができるというものです。

 

マンション売却における仲介売却にもさまざまな種類があり、一般媒介契約といって他の不動産業者とも契約を結んで取引をすることができる方法や
専属専任媒介契約といってその業者だけしか契約をしない方法などもあります。

 

仲介売却を結んでも売り出してもらう期間は一定期間であることや売却ができるまでは
特に費用がかかってこないなどのメリットもあるので売り急ぎでない場合は媒介契約を結ぶことをおすすめします。

 

もし、媒介契約でもなかなか売ることができない場合は最終手段として直接売却という選択肢も残っているので、
いろいろあるマンション売却の方法を上手に活用しながら損や後悔がないように売却していくようにしましょう。

 

【マンションの売却時に必要な準備を解説】関連記事

直接売却,仲介売却,流れ

マンションの売却を検討している場合に高く売ることができるのは仲介売却として売却をする方法ですが、これだと買い手が見つかるまで売ることができないので特に買い替えなどをする場合は購入時期とのバランスが難しくなります。仲介取引で難しい場合は直接売却をするのが一般的になりますが、直接売却というのはそのまま買...