マンション売却にかかる税金|どのような控除が受けられるのか

MENU

マンション売却にかかる税金と対策について解説します!

マンション売却

 

マンションを売却することによって手元にはまとまったお金が入ってくることが想定されますが、
どのような形であれマンション売却をした際に入ってきたお金に対しては
課税の義務が科せられることになるので税金の支払いが必要になります。

 

マンション売却において売価金額に対してかかってくる税金においては所得税がありますが、
そこまで高級なマンションではない限りは特別控除を受けることができるので、
これによって非課税での売却をすることが可能になります。

 

これは実際に住んでいたことが前提の条件になっていますが、
3000万円までが特別控除の条件となってくるので、
これを超えない範囲での取引であれば所得税の支払いについては不要になります。

 

しかしながら実際に住んでいたということが条件になっており、
趣味や娯楽、投資などを目的として保有していた場合だと特別控除を受けることができないので
事前に特別控除を受けることができるかどうか確認しておく必要があります。

 

マンション売却にかかってくる税金については事前に把握しておく必要がある部分も多くありますが、
他にも取引においては手数料などがかかってくることもあるので手数料の把握をしておく必要もあります。

 

マンション売却は不動産業者を通しての取引だけでなく、
直接取引をするという方法もありますが、リスクを伴う取引にもなってくるので不動産取引における知識がない場合は
不動産業者に依頼する方が税金についてのトラブルなども少なくなります。

【マンション売却における税金について】記事一覧