マンションの減価償却と税金の計算について詳しく解説!

MENU

マンションの減価償却費や課税額はどのように計算されるのか

不動産の売却や購入にはさまざまな税金が発生し、
取引の金額においてもかなり大きくなることから税金の仕組みをしっかり理解して
トラブルにならないようにするということも取引においては重要なポイントになってきます。

 

また、マンションの売買において基本になってくるのは減価償却費についての計算で、
土地の場合だと劣化することがないので減価償却することはできないのですが、
マンションであれば自然劣化に伴う価値の低下があります。

 

減価償却については専用の計算式があるので、これに基づいての計算になるのが一般的ですが、
物に建物や構造ごとに耐用年数があらかじめ決められているので基本的な劣化具合から計算されることになります。

 

中古物件の減価償却費は工夫することができますが、
原則としては建物の使用可能期間を見積もることで耐用年数を決めることもできて、
このような方法は見積法と一般的には言われています。

 

これは経費で計上することができるようになっているので、
上手に管理することで節税対策にも繋げることができるのですが、
毎年の減価償却を大きくすればよいというわけではなくその時の状況などによっても変わってくる部分があります。

 

マンションの売買には手数料や税金がたくさんかかってくることになるので、
あらかじめ状態やかかってくる費用などの計算をきちんとするということも必要になりますが、
規模が大きい取引になるほどその重要性は増すので意識しておくことが大切です。

 

 

税金の計算

マンション売却

 

マンションの売却を検討している場合に単に売ったお金が手元に入ってくるというわけではなく、
売ったお金に対しては課税されることになるのであらかじめ決められている計算式に沿って税金が算出されることになります。

 

基本的に住宅として所有していて住んでいた場合にマンションを売却する場合だと3000万円が特別控除になるので、
よほど高級なマンションに住んでいない限りはほとんど譲渡所得に対して税金が発生するようなことはありません。

 

税金の計算式においては課税譲渡所得に税率をかけてからの計算になりますが、
特別控除を超えての売価金額になりそうな場合は
税理士などの専門家に相談して節税対策におけるアドバイスをもらうなどの方法もあります。

 

マンションを購入した時よりも価格が安くなった場合も非課税になりますが、
マンションの売却によって購入した時と比較して損失が出た場合などは赤字としての経費の計上も可能になるのでかかる負担は小さくなります。

 

また、マンションの売却においては消費税も発生しないので特に消費税に対する対策というのは不要ですが、
投資のため収益物件などを購入して運用する場合だと消費税が発生するので注意する必要があります。

 

ちなみにマンションの売買取引において消費税がかかってくるのは建物の部分だけになり、
土地については消費することができないものになるので消費税の課税対象から外れるということも基本的な知識として覚えておきましょう。

マンション取得,手数料,税

マンションの売却を考えている人の中には新しいマンションを購入するので、買い替えという形で売却を検討している人もいるかもしれませんが、マンション売却にさまざまな手数料がかかってくるように購入についても手数料がかかってくるのが一般的です。マンション取得にかかる手数料については頭金が必要になり、これは購入...

マンション所得,法人,課税額

マンションの売却を検討している人の中には新しいマンションを購入することを目的としている人もいるかもしれませんが、マンションを購入する場合に法人が購入すると税金対策になるということを聞いたことがある人もいると思います。法人がマンションを購入する際にかかってくる税金は特に高額なマンションを購入するほど個...

マンション,原価償却,課税譲渡所得

不動産の売却や購入にはさまざまな税金が発生し、取引の金額においてもかなり大きくなることから税金の仕組みをしっかり理解してトラブルにならないようにするということも取引においては重要なポイントになってきます。また、マンションの売買において基本になってくるのは減価償却費についての計算で、土地の場合だと劣化...