マンション売却で得た収益の確定申告について解説します!

MENU

マンション売却で得た収益の確定申告について

マンション売却

 

マンションを売却した場合に収益が出た場合はその収益に対して必ず確定申告をしなければなりませんが、
確定申告というのは一年間の収支を税務署に書面で提出してさまざまな税金の金額を決める要素になります。

 

基本的にマンションの売買になってくると法的な手続きなどが必要になってくるので、
マンション売却で入ってきた収益について隠して確定申告を受けないことはできないため、
必ず時期が来たら申告をするようにしましょう。

 

マンション売却で得た収益の確定申告については税務署で行うことができる他、
最近はインターネットからでもできるようになっているので、
2月の中旬から3月の中旬にかけての確定申告時期にしっかり申告をしましょう。

 

また、マンション売却で得た収益をそのまま申告してしまうとかなり高額な税金の支払いが必要になることも考えられるので、
必ず経費を計上して少しでも税金が下がるように事前の準備をしておく必要があります。

 

マンションを売却したからといって必ずしも利益が出るわけではなく、
場合によっては売却することによって赤字になってしまうこともありますが、
このような場合でも確定申告をしておく必要があります。

 

自分でも確定申告をすることはできるのですが、
少しでも税金を下げたいという場合は手続きをする時間が惜しいという場合は専門家に依頼してもらうという方法もあるので
その時の状況にあわせて確定申告の方法を考えていくとよいでしょう。

【マンション売却に伴う確定申告について】記事一覧

マンション売却,確定申告,税務署

マンションを売却した際に収入が出た場合は確定申告をする必要がありますが、売却して収入を得た翌年の申告をするのが基本で、時期は2月16日から3月15日までになっていて、この期間中に手元に入った収入や経費を確定申告する必要があります。マンション売却においてはさまざまな手数料が発生することになるので、経費として計上することができる手数料についても多くありますが、確定申告の時期は短いので早めに準備をして確...

マンション売却,確定申告,経費,計上

マンションの売却をする場合は必ず確定申告をしなければなりませんが、確定申告をすることによって収入に応じてどれくらいの税金がかかってくるのかということを決定づける要素になってきます。マンションの売却で得た収益に対して確定申告をする場合にそのまま得た収入を申告すると高額な税金が発生することになるので、必ず売却に至るまでにかかった手数料などを経費に計上して課税対象の金額を減らすようにしましょう。マンショ...

マンション売却,確定申告,相談

マンションの売却においては収益が出た場合はその収入に対して課税されて、発生した税金の支払い義務が生じることになりますが、これを決定するのが確定申告になっていて2月の中旬から1カ月が申告の必要な時期になります。きちんと申告をして税金の支払いをしないと脱税になるので場合によっては刑事罰を受けるようなことにもなりますが、一方でマンションを売却したからといって必ずしも黒字になるとは限らず赤字になるようなこ...