マンション売却時の税金を確定申告するには、どのようにするとスムーズに申告できる?

MENU

マンション売却に伴う確定申告の時期と書き方

マンションを売却した際に収入が出た場合は確定申告をする必要がありますが、
売却して収入を得た翌年の申告をするのが基本で、時期は2月16日から3月15日までになっていて、
この期間中に手元に入った収入や経費を確定申告する必要があります。

 

マンション売却においてはさまざまな手数料が発生することになるので、
経費として計上することができる手数料についても多くありますが、
確定申告の時期は短いので早めに準備をして確定申告をスムーズに行うことができるようにしておく必要もあります。

 

ちなみに確定申告はインターネットを利用した方法が便利で、
確定申告の期間中に国税庁のホームページにアクセスをして確定申告作成のフォームに進むことによって
スムーズに確定申告の手続きを進めて行くことができます。

 

入力をする内容についてはマンションを売却して手元に入ったお金やそれに至るまでにかかった経費などですが、
説明を受けながら申告をしたいという場合は税務署に足を運んで直接申告をすることもできるようになっています。

 

また、不動産取引を何度かしている場合や取引でかなり大きなお金が動いたような場合は
個人的に確定申告を進めていくよりも税理士などの専門家に依頼して進めて行く方が効率的なケースもあります。

 

翌年度の税金を決定する上で重要な要素になってくるので
どのような流れで節税することができるのかということもきちんと把握して対策を進めていくようにしましょう。

 

 

確定申告の書き方

マンション売却

 

マンションの売却をした際に売却益がでた場合は確定申告をして収益に応じた税金の支払いが必要になり、
確定申告をすることで翌年度の健康保険料や住民税、所得税などが決定することになります。

 

マンションの売却における確定申告の書き方のポイントとしては税務署でも専用のフォームが用意されているので、
パソコンやスマホがある場合はインターネットを利用して必要な情報を入力してプリントアウトして税務署に送付するという方法もあります。

 

他にもe-Taxという便利なソフトがパソコンで利用することができるようになっており、
役所で電子証明書を取得することによってインターネットだけで確定申告をすることができるのでプリントして送付するよりも手間はかなり省けます。

 

また、確定申告の期間中に税務署に足を運んで必要な手続きをするという方法もありますが、
確定申告の期間の間は税務署もかなり混雑するので早めにいく準備をしてそれなりに時間がかかることも覚悟しておきましょう。

 

仕事をして給料を得る以外でお金を得る場合は必ず確定申告をする義務があり、
これを怠ると脱税などの犯罪になるので決まった時期に申告するように心がける必要があります。

 

マンション売却においてはかなりまとまったお金が動くことになるので、
取引においてはどのような税金がかかってくるのかということや取引における手数料の状態などを把握して取引をするということも
売却においてのコツの一つになってきます。

マンション売却,確定申告,税務署

マンションを売却した際に収入が出た場合は確定申告をする必要がありますが、売却して収入を得た翌年の申告をするのが基本で、時期は2月16日から3月15日までになっていて、この期間中に手元に入った収入や経費を確定申告する必要があります。マンション売却においてはさまざまな手数料が発生することになるので、経費...