マンション売却の確定申告で経費にできるものを詳しく解説します!

MENU

マンション売却の確定申告で経費として計上できるものは?

マンション売却

 

マンションの売却をする場合は必ず確定申告をしなければなりませんが、
確定申告をすることによって収入に応じてどれくらいの税金がかかってくるのかということを決定づける要素になってきます。

 

マンションの売却で得た収益に対して確定申告をする場合に
そのまま得た収入を申告すると高額な税金が発生することになるので、
必ず売却に至るまでにかかった手数料などを経費に計上して課税対象の金額を減らすようにしましょう。

 

マンションの売買において経費にすることができるものは
不動産会社に対して支払う仲介手数料や不動産を売却するために情報を集めたのであれば、
その情報集めにかかった費用なども経費に計上することができるようになっています。

 

ちなみに確定申告をする際に経費についての申告も一緒にするのが一般的となっていて、
マンションを売却した金額から経費を差し引いた金額が課税対象の金額になるので、
これに対して課税される税金の支払いを行うことになります。

 

インターネットでも確定申告をすることができるようになっているのですが、
特別控除を受けても課税対象になるような場合は
できるだけ節税をするためにも税理士などの専門家に依頼する方法もあります。

 

確定申告は所得税だけでなく他にも住民税や健康保険料などを決める上でも重要になってくるので、
少しでも支払う税金を抑えるためにも事前の節税対策が重要になってくるということを意識しておくようにしましょう。

マンション売却,確定申告,税務署

マンションを売却した際に収入が出た場合は確定申告をする必要がありますが、売却して収入を得た翌年の申告をするのが基本で、時期は2月16日から3月15日までになっていて、この期間中に手元に入った収入や経費を確定申告する必要があります。マンション売却においてはさまざまな手数料が発生することになるので、経費...

マンション売却,確定申告,経費,計上

マンションの売却をする場合は必ず確定申告をしなければなりませんが、確定申告をすることによって収入に応じてどれくらいの税金がかかってくるのかということを決定づける要素になってきます。マンションの売却で得た収益に対して確定申告をする場合にそのまま得た収入を申告すると高額な税金が発生することになるので、必...