マンション売却で税金がかかるか不安な場合の相談は専門家へ

MENU

マンション売却で確定申告が不要かどうかは専門家へ相談しましょう

マンションの売却においては収益が出た場合はその収入に対して課税されて、
発生した税金の支払い義務が生じることになりますが、
これを決定するのが確定申告になっていて2月の中旬から1カ月が申告の必要な時期になります。

 

きちんと申告をして税金の支払いをしないと脱税になるので場合によっては刑事罰を受けるようなことにもなりますが、
一方でマンションを売却したからといって必ずしも黒字になるとは限らず赤字になるようなこともあります。

 

赤字になった場合は確定申告をしなくてもそもそも課税される税金がないことから特に違法でもなく不要で問題ありませんが、
赤字になることが予想される場合でも確定申告はしておく方がお得なケースは多くあります。

 

これは確定申告をすることで赤字計上をすると他の収入と合算してマイナスにすることができるので、
元々かかってくる税金をさらに安くすることができるなど高い節税効果を得ることができます。

 

そのため、不動産売却をした場合はどんな状況であっても確定申告をするのが鉄則で、
もちろん社会人として働いていて会社に確定申告をしてもらっている場合でも事前に確認しておくことがポイントになってきます。

 

確定申告が複雑という場合は税の専門家などに依頼して代わりに申告をしてもらうという方法もありますが、
特に経費の計上などになってくると分からない部分も多くあるので事前にマンション売買における確定申告の相談もしておくとよいでしょう。

 

 

確定申告についての相談先

マンション売却

 

マンション売却をする際に必要となってくる確定申告は税金がたくさんかかることや
手数料なども多く発生しやすいことから事前に確認しておく必要があり、
不動産取引における確定申告は手続きが複雑なことや必要な書類なども多いので注意が必要です。

 

マンション売却において確定申告が自分では難しいという場合は税理士に依頼して進めていく方法もありますが、
マンションの売買だと動くお金は数百万円から数億円という単位であり、
課税される金額についてもかなり高額な費用になります。

 

したがって、税理士に依頼する場合だと依頼料金が発生することになるのですが、
この料金の支払いを考えても課税される税金や節税効果を考えると
依頼することのメリットの方が高くなっているのでメリットも大きくなります

 

また、基本的に確定申告の相談であれば税務署でも相談することができるようになっていますが、
既に確定申告が始まっている期間中の場合だと混雑しているのでなかなか相談することが難しい場合もあります。

 

ちなみに不動産売却をして収入を得たのに確定申告をしない場合は
さまざまなペナルティを受けることになるので注意する必要があり、
無申告加算税延滞税などの税金についても発生することになります。

 

特に会社で雇われて働いている社会人だと自分で確定申告をする機会がほとんどないので、
確定申告についても分からないことが多く、確定申告に関するトラブルになる可能性も出てきます。

マンション売却,確定申告,税務署

マンションを売却した際に収入が出た場合は確定申告をする必要がありますが、売却して収入を得た翌年の申告をするのが基本で、時期は2月16日から3月15日までになっていて、この期間中に手元に入った収入や経費を確定申告する必要があります。マンション売却においてはさまざまな手数料が発生することになるので、経費...

マンション売却,確定申告,経費,計上

マンションの売却をする場合は必ず確定申告をしなければなりませんが、確定申告をすることによって収入に応じてどれくらいの税金がかかってくるのかということを決定づける要素になってきます。マンションの売却で得た収益に対して確定申告をする場合にそのまま得た収入を申告すると高額な税金が発生することになるので、必...

マンション売却,確定申告,相談

マンションの売却においては収益が出た場合はその収入に対して課税されて、発生した税金の支払い義務が生じることになりますが、これを決定するのが確定申告になっていて2月の中旬から1カ月が申告の必要な時期になります。きちんと申告をして税金の支払いをしないと脱税になるので場合によっては刑事罰を受けるようなこと...